HOME > さらっと学ぶ! MBA-WEBレポート > 第1回:コーポレート・ファイナンスで意思決定力を鍛える!

第1回:コーポレート・ファイナンスで意思決定力を鍛える!

科目概要
『コーポレート・ファイナンス』は、企業にとっての血液と言えるキャッシュフローについてを学び、事業戦略の策定に生かしていくための科目です。

ファイナンスのスキルなくして経営はない、と言っても過言ではない本科目。その、『コーポレート・ファイナンス』単なる理論にとどまらず、生きた知識として武器にすべく、BBT大学院の修了生の方が分かりやすく、自身の視点でまとめ直して解説してくれます!

科目名 コーポレート・ファイナンス
担当教授 阿竹 敬之 教授
執筆担当 村上 昌也さん 2015年MBA取得
第1回(全6回) コーポレート・ファイナンスで意思決定力を鍛える!
作成 2017/4/5

意思決定を扱うコーポレート・ファイナンス

コーポレート・ファイナンスは、名前の通り、企業財務に関する領域を扱います。企業活動を財務面からみると大きく次の4つの財務活動の流れになります。

 1) 金融市場から資金を調達する
 2) 調達した資金を事業に投資する
 3) 事業から収益を得る
 4) 収益を投資家へ還元する。または、再投資する。

これらの活動を行い企業は成長していきますが、成長の裏には、経営者の様々な意思決定があります。言い換えると、経営者は次の3つのことを日々考えて意思決定しています。

 1) どうやって資金を調達すれば良いのか
 2) どういった事業に投資すれば良いのか
 3) 事業から得た収益をどうすれば良いのか(再投資するのか、投資家に還元するのか)

では、経営者は何のために意思決定しているのでしょうか。それは、株主価値を最大化させるためです。株式会社の場合、資本金は株主が出資しています。経営者は出資者である株主にとっての価値を最大化させるために、会社を経営しています。

しかし単純に株主の方ばかりを向いていれば良い、というわけではありません。

社会的に企業は継続することが求められており、株主を含めた利害関係者に最適な価値の分配がなされないと、企業の継続が難しくなってしまいます。

こういった様々な場面で、最適解を見つけ、どう意思決定すれば良いかを扱うのがコーポレート・ファイナンスなのです。

お金だけでなくその背後にある様々な利害関係者を意識する

具体的にどのような意思決定をしているか、もう少し掘り下げてみましょう。

資金調達の場面を想像してみてください。
資金は、株式と債券、どちらで調達すれば良いのでしょうか? 無借金経営という言葉をよく聞きますが借金は悪なのでしょうか。

株式と債券、それぞれの調達方法にメリットとデメリットがあります。また、株主と債権者が会社に求めていることも違います。これらを踏まえた上で、最適な判断をしていくことがとても大切です。

会社の未来に思いを馳せるコーポレート・ファイナンス

ここまで読んで、アカウンティングとコーポレート・ファイナンスは、どう違うのか?と思った方もいらっしゃることでしょう。

分かりやすい違いは、フォーカスする時間軸です。「過去」にフォーカスするのがアカウンティング、「未来」にフォーカスするのがコーポレート・ファイナンスです。

アカウンティングで扱う、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書には、企業の過去の業績が数字で示されています。これらの数字から経営を見直し、改善すべき所は改善していくのがアカウンティングです。

これに対し、コーポレート・ファイナンスでは、会社の未来に目を向けます。
ある事業に投資すると、将来、どれぐらいの期間に渡ってキャッシュが得られるか、投資とリターンのバランスを考えて意思決定していきます。

会社の未来に思いを馳せるのがコーポレート・ファイナンスです。

コーポレート・ファイナンスは経営者だけでなくビジネスパーソンにも必須

コーポレート・ファイナンスは企業経営に必須の考え方ですが、経営者だけのものではありません。考え方を身につけると、ビジネスパーソンにとっても強力な武器になります。

コーポレート・ファイナンスの考え方を身につけると、事業計画を立案する際、投資と将来キャッシュフローという視点から、非常に説得力のある事業計画を立案できるようになります。

また、複雑化しているビジネス環境の中でも、様々な要因を考慮して、あなたなりの最適解を導けるようになります。これは、コーポレート・ファイナンスが様々な視点から最適解を導くためのものであり、ビジネスで実際に使えるものであるからです。

最近(2017年3月)、「東電経営陣を刷新、廃炉・賠償費用捻出へ改革加速」というニュースがありました。シビアにお金の側面から東電を考えた時、コーポレート・ファイナンスの考え方が最適解を導いてくれます。

これから全6回に渡って、事例などを交えつつ、コーポレート・ファイナンスの概要をお伝えしていきます。なるべく難しい話はせずにエッセンスをお伝えしていきますので、楽しみにしていてください。

本サイト「MBA-HOLDERS'INFO」で紹介しているレポートの完全版やWEBレッスン資料は、
無料で提供しています。ご希望の方は、以下よりご登録後、ダウンロードできます。