HOME > さらっと学ぶ! MBA-WEBレポート > 第2回:コアビジネスとリーダーシップの重要性

第2回:コアビジネスとリーダーシップの重要性

科目概要
『企業再生論』は、元産業再生機構執行役員であり、カネボウ化粧品会長兼CEOを始めとして企業再生の第一線で結果を出してきた余語邦彦教授より、経営再建・企業再生の秘訣と経営手法を学びます。

あなたのキャリアに大きくプラスに働く本科目のエッセンスをBBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

科目名 企業再生論
担当教授 余語 邦彦 教授
執筆担当 村上 昌也さん 2015年MBA取得
第2回(全8回) コアビジネスとリーダーシップの重要性
作成 2018/01/24

学んでほしいポイント

企業再生論を学ぶことは、私たちビジネスパーソンにとっても有益である、という事をお伝えしました。それでは具体的に、どういったことを学ぶのでしょうか。

それは、
1. コアビジネスの再構築
2. リーダーシップの重要性
3. 世界市場で競争力を持つ経営者になれ
です。

詳しく見ていきましょう。

どういう視点で会社を選び、再構築するのか?

突然ですが、あなたがプロフェッショナル経営者だとして「とある企業を再生してほしい」と依頼を受けたら、どう返答しますか?

企業再生論では、「コアビジネスは何か、いかにコアビジネスがしっかりしているのか」という視点から企業の再生を考えます。コアビジネス=企業の中核事業です。余語教授が過去に再生した光通信を例にコアビジネスを考えてみましょう。

光通信の場合、携帯電話・オフィス機器の販売がコアビジネスになります。携帯電話の販売は、ストックコミッション(手数料収入)があります。売った後も携帯電話の通話料に応じて、定期的に代理店にお金が入ってきます。また、オフィス機器においても、設置した後もメンテナンス等でお金が入ってきます。

光通信には、上記のような、売った後も継続してお金が入ってくる商材を選ぶというポリシーがあります。そのため、株価が急落した時、いっさいのビジネスをやめても年間80億ものお金が入ってくるという状況でした。そして、再生後も堅調に成長を続け、現在でも安定して事業を営んでいます。

色々な問題を抱えた企業では、新聞報道や風評に惑わされ、コアビジネスが過小評価されています。また、時にはコアビジネスが見えなくなっていたりもします。その場合、どうしてそういう状態になっているのか、事実を見つめます。そして、ファクトベースでしっかりコアビジネスを見極め、余計なところをそぎ落としていきます。

どういう視点で会社を選び、再構築するのか、レポートを通してエッセンスをつかんでください。

再生の成否を決めるリーダーシップ

企業が再生できるかどうかの成否は、リーダーシップにかかっている、と言っても過言ではありません。再生局面では組織が乱れています。その時にCEOに求められるのは、いかに簡単なメッセージで組織の方向性を示すか、ということです。方向性を示した後は、新しいことに取り組んで結果を出していかなければなりません。ただ、基本的に人間は変わりたくないものであり、何もしないとこれまでの事を続けてしまします。

そこで、新しい事に取り組んでもらう人を見極め、実績を作りながら新しい組織文化を作っていく、という事が必要になります。集団における人の行動や思考などについては、グループダイナミクス(集団力学)として体系化されています。興味のある方は調べてみてください。

組織を動かすために、CEOは役者であり、時には演技も必要になります。
会社を変える、組織を変えるための秘訣は何か、レポートを通してエッセンスをつかんでください。

世界市場で競争力を持つ経営者になれ

企業は、「製品市場」「資本市場」「人材市場」という3つの市場で戦っています。

製品市場で勝てないと、そもそも商品が売れません。投資家は、伸びる会社に投資したいと思っていますので、資本市場で魅力がないと、企業にお金が集まりません。

また、これからは、良い人材に働いてもらえるかどうかも、企業にとって大切なポイントです。悪い労働条件だと人は集まりませんので、人材市場でも魅力的な存在になる必要があります。

これら、3つの市場で魅力的な存在にならないと、企業にとって、これからの戦いはますます厳しくなるでしょう。

3つの市場はいずれもグローバル市場であり、日本だけでなく、常にグローバルな視点で市場を捉える事が大切です。

世界市場で競争力を持つ経営者になるためのポイントは何か、レポートを通してエッセンスをつかんでください。

本サイト「MBA-HOLDERS'INFO」で紹介しているレポートの完全版やWEBレッスン資料は、
無料で提供しています。ご希望の方は、以下よりご登録後、ダウンロードできます。