HOME > 更新情報(未使用) さらっと学ぶ! MBA-WEBレポート > 第2回:ビジネス戦略のタイミング・有効なフレームワークとは!?

第2回:ビジネス戦略のタイミング・有効なフレームワークとは!?

科目概要
経営を体系的に学ぶ際に、中心に位置づけられるものの一つが「マーケティング」です。

広告宣伝や販売などの狭義の枠組みにとどまらず、企業の社会的責任を実現することに始まり、商品企画、販売、その後のサービスに至るまで、意識せずに行っている企業活動の多くがマーケティングと言ってもいいかもしれません。

このように、多岐にわたるマーケティングの概念やフレームワーク、手法などを本連載で網羅することは至難の業ですが、身の回りで起きている事象を「マーケティング視点」で意識しなおすきっかけになるよう、MBAホルダーである、BBT大学院の修了生の方に分かりやすく解説していただきます。

科目名 マーケティング概論
執筆担当 居藤 誠さん 2013年MBA取得
第2回(全6回) ビジネス戦略のタイミング・有効なフレームワークとは!?
作成 2014/10/29

ビジネス戦略

今回はマーケティング活動の導入部である「ビジネス戦略(マーケティング戦略)」について学びます。ビジネス戦略が必要となるタイミングや、その際に有効なフレームワークをご紹介します。

業績の好調な企業であっても、外部環境が変わることで、状況が一変することがあります。特にインターネットが普及してからは、環境変化のスピードは非常に早まり、国境を越えて広範囲に影響を及ぼすようになりました。環境が変わることで、ビジネス戦略を見直す必要が発生します。

レンタルビデオ(DVD)事業を営む企業の例で考えてみましょう。従来は、店頭での商品の受け渡しが基本でしたが、オンラインでの動画配信サービスが登場したため、必ずしも店舗を構える必要がなくなってしまいました。実際に、以下のレポートからレンタルビデオ店の店舗数が減少していることが確認できます。
【資料】数字が語るこの市場の深層【音楽・映像レンタル市場】

このような外部環境の変化に対し、有効な対策を取らなければ、生き残っていくことができません。自社も新たに動画配信サービスに乗り出すのか、このままのビジネスモデルで集客を強化して売上を増やすのか、はたまた新しい分野に多角化していくのか、ビジネス戦略を練り直す必要があります。その際に、有効なのがフレームワークです。代表的なポートフォリオ分析とSWOT分析について触れてみたいと思います。

ポートフォリオ分析 ~その製品は「花形」か?「負け犬」か?~

「ポートフォリオ分析」は、グラフの縦軸を市場成長率、横軸を相対的マーケットシェアとし、自社の製品やサービスをそれぞれグラフ上にプロットした上で「花形製品」「問題児」「金のなる木」「負け犬」の4つの象限に分類し、それぞれの位置に合わせて経営判断を行うというものです。(用語:PPM分析)

レンタルビデオ・DVDの市場成長率は極めて低いかマイナスです。ただし、この分野で自社の相対的マーケットシェアが大きいなら「金のなる木」であり、投資を出来る限り低く抑えることで、利益を確保できる可能性があります。逆にマーケットシェアが小さいのであれば、自社にとっては既に「負け犬」であり、その事業からの撤退や市場成長率の高い類似分野への進出を判断します。

動画配信サービスの市場成長率が高いと予測される場合、レンタルビデオ・DVD事業が「金のなる木」である間に、動画配信サービスへも参入し、投資を増やして「問題児」から「花形製品」へ育成することを目指すという判断が可能です。

SWOT分析 ~会社の「強み」「弱み」は?~

SWOT分析は自社の強み(Strength)、弱み(Weakness)と、外的要因としての好機(Opportunity)、脅威(Threat)の4つを分析して、それらを組み合わせて戦略を立てます。
(用語:SWOT分析)

自社の強み(S)と好機(O)の組み合わせになる戦略が理想的ですが、強み(S)と脅威(T)の組み合わせになる戦略でも、強みを最大限活用して脅威を打ち消すことができれば理想的な戦略になります。

例えば、技術的に優位性はある(S)が、自社よりも規模の大きい競合が市場を占めている(T)場合、その企業が手掛けていない隙間(ニッチ市場)をうまく見つけることができれば、脅威(T)を好機(O)に変えることができる可能性があります。

このように、様々なワークフレームを用いることで、環境を冷静かつ発展的に分析することができます。

ただし、今回ご紹介したのは、それらフレームワークのほんの一例です。次回はマーケティング戦略の精度を高める「消費者行動」の考え方について説明したいと思います。

本サイト「MBA-HOLDERS'INFO」で紹介しているレポートの完全版やWEBレッスン資料は、
無料で提供しています。ご希望の方は、以下よりご登録後、ダウンロードできます。